安定した美容室経営&売上UPを創造!今から美容師が目指すべき基準はここにある。

再来率100%を目指すのを諦める今の美容室

なぜ再来率100%を目指すのか?

理由はなんだと思いますか?

こんな毛沢山の美容室の中からわざわざ来て頂き、『美容室を変えてでも』来て頂いてるからです。

『美容室を変える』のは、とても勇気がいるんです。

その勇気を出して来てくれたんです。

私のお客様に『目的意識を持って来店して頂く』そこだけ持って来て頂ければ、
『お客様のなりたいは叶える自信がある』からです。

出来ない理由を挙げればきりがない

・相性が悪かった
・立地が悪い
・料金が合わなかった
・よくわからなかった
・あの人だからできる
・良い技術を持っていない

こんな感じで色々挙げればきりがありませんよね・・・・

できない理由ももちろんわかりますが、
『できる様になるにはどうしたら良いのか?』ここが大事になると思います。

『できる様になるにはどうしたら良いのか?』を考えると、改善方法がわかります。

それを沢山あげて、優先順位をつけて後は『行動するだけ』

できない理由を言う奴=行動ができていない

ちゃんとした『何の為に改善する』のかが明確になればなるほど、行動に移さないといけないはずです。

でも、出来ない人たちは頭ではわかっていますが、
『紙に書き起こし』
『優先順位をつけ』
『何の為にの動機を書き込み』

行動に移すのです。

わからないことがあれば、自分で調べればいくらでも出来ます。
当て見たいと言う人がいれば会うこともできます。

『まずはやってみる』
そして
『やり続ける』
これだけです。

来店目的の明確化

ここがずれると再来率は極端に下がります。
お客様の価値観が違うのです。
・1万円と言う価値
・綺麗になりたいと言う価値
・デザインを求める価値

色々あります。

ここがポイントです。
『あなたのお店に来て頂きたいと思うお客様の像はどんな人?』
ここを掘り下げて、鮮明にお客様の像が見えるまで、書き出して見てください。

年齢
結婚は
子供さんは
収入は
車は持っていますか
休みの日の過ごし方は
仕事はどんな仕事
食事はどんなのが好き
趣味は

などをどんどんあげていきます。
そして、自店が100%満足させられる人が見えて来たら
『その空想の人』のみを集客をかければ良いんです。

だって、1億人の中から『空想の人』は何人くらいいますか?
結構いますよ・・・・

それではまた・・・

美容師基準 代表: 林 直幸

美容師基準 代表: 林 直幸

美容室3店舗を経営しサロン全体の生産性は100万円を優に超える。美容メーカーや他の美容室からのセミナーを受けながらも、常にサロンに立ち毎月客単価3万円をキープし続けるその秘密とは?

関連記事

  1. お客様をコーディネート出来ない美容師達

  2. 人の欲求とは何かを知っておく その1

  3. 客単価3万円を快く頂けるお店作りの秘訣・最終回

  4. 売れてる美容師に学ぶ価値づくりの10手・その3

  5. 美容師基準

    美容室は価格が安くても通用しない理由とは?

  6. 美容師基準

    2極化するサロン

  7. あなたのお客様の中で生涯顧客は何人いるの?

  8. 美容室の売上

    客単価3万円を快く払ってもらえるお店作りの秘訣・その2

  9. 美容師基準

    低価格競争の時代に美容師が知らないといけない◯◯とは?

人気の記事 PICK UP

  1. 4回目・お客様が必要性だから100%商品が勝手に売れてしまうお店作り
  2. 『お客様に来て欲しい』が魅力がなければ来ない
  3. 完璧な人なんていない
  4. 美容師基準 自分の常識を疑う事から始めよう
  5. こだわりは誰の為に・・・

特集記事

PAGE TOP