安定した美容室経営&売上UPを創造!今から美容師が目指すべき基準はここにある。

美容室はお客様に共感されないと生き残れない

美容師基準

なぜ今共感ビジネスが必要なのか?

美容室には必要な、お客様からの共感

共感力が高いのは、顧客のニーズをつかみやすくなります
お客様が望むものが何かを察しやすいという意味です
話の中で言葉に出さなくても相手がどんなことを考えているのか、なにを望んでいるのかをわかる為には、美容師がどんなお客様に何を提供したいのかを明確にしないといけません
例えば

あなたは誰に何を伝えたいですか?
それはなぜですか?
なぜ、その仕事をしているのですか?
お客様に何を感じて欲しいですか?

この事をお客様が共感してくれ方が、来店して頂くと伝わりやすくなります
また、こちらが提示するお客様の為のメニュー・商品も双方の理解し合ってますので受け入れやすくなるわけです

その提供したい事をどれくらいの方が、待ち望んでるのかを知る事から始めないと、薄利多売の集客のかけ方ではリピート率が上がらず延々と集客をかけないといけなくなってしまいます

なのでしっかりと自分の美容室・美容師として顧客を絞る事が大切になってきます
顧客のニーズを掴むことにより、適切なサービスを提供できるからです
ですから、共感力が高いと、お客様の求められる・私たちが提供したい事をより受け入れやすくなります

共感する力が高いと相手に歩み寄れる

共感力が高い人は、自分の意見を押し通す事はしません
美容室において共感力があれば、カウセリングにおいて意見をまとめ上げる力があるので、相手の考えに理解を示しそれを受け入れることができます
美容師サイドのプロの意見とお客様の妥協点を見つけて、提示ができるのですですから、薄利多売の集客では的が大きくお客様の求めるモノが見えにくくなる為に、的を絞る事が重要になってきます

美容師基準 代表: 林 直幸

美容室3店舗を経営しサロン全体の生産性は100万円を優に超える。美容メーカーや他の美容室からのセミナーを受けながらも、常にサロンに立ち毎月客単価3万円をキープし続けるその秘密とは?

関連記事

  1. 美容室の価格競争を脱却する方法とは何か?

  2. 高付加価値トリートメント講習・MUCOTA

  3. 第3回目次回予約100%頂ける美容室・講習

  4. 真面目な美容師はチャンスがいっぱい

  5. 美容師基準

    お客様が秘密にしたくなる美容室作りとは

  6. 美容師基準

    美容室の最高な技術を買って頂く為には?

  7. 美容師基準

    美容室は『モノ』よりも『コト』を提供せよ

  8. 便利屋になってしまった美容室

  9. 美容師基準

    何を想い経営をしていくのか?

人気の記事 PICK UP

  1. 目的がない経営は意味がない
  2. 片思いで上手くいかない今の美容室
  3. 美容師基準 低価格競争の時代に美容師が知らないといけない◯◯とは?
  4. 売れてる美容師に学ぶ価値づくりの10手・その1
  5. 『便利性は都合』『必要性は欲求』貴方はどっちの人?

特集記事

  1. 美容師基準
PAGE TOP