安定した美容室経営&売上UPを創造!今から美容師が目指すべき基準はここにある。

なぜ美容室を開業したのか?

なぜ美容室を開業したのか?

まずはここからですよね.
開業秘話はとても重要な部分です。
あなたの美容室の土台ですね。
『あなたが美容室を開業しようと思ったのはどんな理由でしょうか。』

もっと多くのお客様に接したかったからでしょうか?
もっと自分を成長させたいと思ったからでしょうか?
自分の美容室を持って、もっと自由にやりたいと思ったからでしょうか?
もしかしたら、もっとお金持ちになりたいと思ったからかもしれません。

自分の思いを表せる唯一の仕事

『気がついたら開業してた』なんてことはないはずです。
かつてのことをよく思い出してみて下さい。
イヤイヤ独立したのか、熱い情熱をもって独立したのか、必ずあなたの中で動いた何かがあったはずです。
昔ばなしが始まるように「むかしむかしあるところに・・・」とまずはあなたの開業ストーリーを語り始めて下さい。

私は、お客様にほぼ毎回マイストーリーを話しています。
『なぜこの美容室をしているか?』の思いを知っていただきたいからです。
そのことを理解して頂けるお客様だけが来店して頂いています。

仮に当時の勤めていた美容室が嫌だったから開業したなどのネガティブな理由でも構いません。
そのような想いを抱えている人は多いからです。
ただし、そのようなことを述べても良いのは、その後何年も経営し続けていることが条件になります。
スタートがネガティブでも何年も経営していることは、それだけで立派なことだからです。
気をつけたいのは開業直後にそのようなことはお客様にあまり伝えない方が得策ですね。

開業しても前のお店と大して変わらなかった

嫌で辞めたり、自分でやりたいと思って独立していると思いますが、『仕方なく独立』っていうのが多く感じます。
30歳くらいが多いのではないでしょうか?
新人との給料の差がないし、だんだん自分の居心地が悪くなった。

私が思うに
『数字=結果=自信』
だと思っています。

結局、『前のお店の金額よりも少し高く』って思ってネギ目をしてしまっています。

ですから、何年かして気づくのでしょうけど、前のお店とそんなに代わり映えしない・・・・って

今までの美容の何十年も染み付いた、思考の中からの常識が変わっていないことが原因だと思います。

技術レベルは上がっています。

たいして価格は変わっていない。

いつ変わるんでしょうね・・・・・

何を根拠に独立をするのでしょうか?

厳しいかもしれませんが、
例えば
前のお店で10年かかった、数字(売上や指名数)などが独立したからといって2倍も3倍も変わるのでしょうか?

余程のことがない限りは、売り上げが2倍・3倍になることはないですよね。

なぜ変わらないかを、しっかりと自分を見つめ直す作業をしないからなんです。

なぜうまくいったのか?
なぜうまくいかなかったのか?
なぜ指名をもらえなかったのか?
なぜ指名をもらえたのか?
なぜ売上が上がらなかったのか?
なぜ売上が上がったのか?

1つ1つの『原因=結果』を考える必要があるのです。
それを怠ると、結局自分がやりたかった美容室が『何も変わっていない』ってことになりますもんね。

いつでもできます。
ぜひやってみて下さい。
必ず原因がありますから・・・

美容師基準 代表: 林 直幸

美容室3店舗を経営しサロン全体の生産性は100万円を優に超える。美容メーカーや他の美容室からのセミナーを受けながらも、常にサロンに立ち毎月客単価3万円をキープし続けるその秘密とは?

関連記事

  1. 『ただ独立したかった』??

  2. あなたのお客様の中で生涯顧客は何人いるの?

  3. 売れてる美容師に学ぶ価値づくりの10手・その8

  4. 自分と向き合わない(逃げる)から自信がない美容師達

  5. お客様は美容室の価値を知らないだけ

  6. 必要とされなくなったら終わり

  7. 美容師基準

    割引に頼ることなく、技術を買っていただくための自信がつきました。

  8. 美容師基準

    サロン価格は自分で決めるもの

  9. 美容師が提供できる唯一の価値とは?

人気の記事 PICK UP

  1. お客様はメニューの何を基準に選ぶのか?
  2. 美容師の自信を取り戻せ!
  3. 第6回目・美容師基準『カラー・再来率99%』
  4. 来店して頂くお客様を決めておく?
  5. 美容師基準 美容師基準がなぜ必要なのか?

特集記事

PAGE TOP