安定した美容室経営&売上UPを創造!今から美容師が目指すべき基準はここにある。

自分達がやっている事はどこでもやっている

美容師基準

『お客様から選ばれる』って意外にシンプル

お客様にとって1番になれば良いんです

例えば

洋服屋さんでも、

あのブランド

あの定員さんがいる時に行ってませんか?

何故そこに通ってしまうのか?

ブランドももちろん好きですが、その定員さんが私に似合うものや色々な事を提供してくれてるからこそ行ってませんか?

今の時代洋服なんかは、ネットで色々買えるでしょ‼️
なのにわざわざ足を運んでまで、通ってるのか❓

代用が効かない(手でやらないと出来ない)事に気づく

自分の代わりは、誰にも出来ないんですよね

自分って世界で1人しかいないんですよね

それに気づかないとず〜と前に進まないんです

自分の強みとは何かのか?
自分は何の為に今の仕事をしているのか?
自分は何をお客様に提供したいのか?

だから、周りを気にせず自分の想いに共感して頂けるお客様だからこそ、100%のことしか出来ないことが120%〜200%お客様に注げるのだと思います

お客さまが求めている事を知る事が大事

自分はお客様に何を提供できて、他のサロンではできない事は何かを明確にしないといけませんね

そして、必要としてるお客様がご来店して頂くことが大事なポイントですね・・・

詳しくはまた次回に

美容師基準 代表: 林 直幸

美容室3店舗を経営しサロン全体の生産性は100万円を優に超える。美容メーカーや他の美容室からのセミナーを受けながらも、常にサロンに立ち毎月客単価3万円をキープし続けるその秘密とは?

関連記事

  1. 美容師基準

    なぜ集客をしなくても大丈夫なのか?

  2. 価格競争を脱却

  3. 真面目な美容師はチャンスがいっぱい

  4. 『ずっと通ってるけど実感がわかない』今の美容室

  5. 美容師基準

    美容室の最高な技術を買って頂く為には?

  6. 売れてる美容師に学ぶ価値づくりの10手・その6

  7. 売れてる美容師に学ぶ価値づくりの10手・その1

  8. 自分を信じる事が出来ない?

  9. 客単価3万円を快く払ってもらえるお店作りの秘訣・その4

人気の記事 PICK UP

  1. 美容師基準 低価格競争の時代に美容師が知らないといけない◯◯とは?
  2. お客様と美容師の思いが違うからうまくいかない
  3. 選ばれる美容室になる為に知っておかないといけない10の方法
  4. 物事はシンプルなのに複雑にしてしまう美容師達
  5. 美容師基準 お客様と両思いのお店は流行ってる

特集記事

PAGE TOP