安定した美容室経営&売上UPを創造!今から美容師が目指すべき基準はここにある。

お客様に対して美容師はどんな価値を提供できるか?

セルフブランディングの2つのポイント

そもそも最近よく耳にするようになりましたが、
『ブランディング』とは、価値に共感してもらい信頼を高めていくマーケティング戦略
自分(個人)を対象にしたものを「セルフブランディング」と言います

美容室・美容師がもっと明確にお客様に伝えないといけない価値とは?

私達美容師が

「社会や周囲に対してどんな価値を提供できるか?』

 

『どんな貢献や影響を与えることができるか?』

まずはそこを明確にすることがとても大事になってきます。

全ては一貫性を持って仕事をやる

明確化したものを「魅力的に伝わるような表現の仕方で、一貫性を持って発信し続ける」ことがとても重要になってきます。
つまり、
美容室の強みや売りが、社会や周囲(お客様)に対して、どうメリットがあるのか?
そこを徹底的に掘り下げ、明確に絞り込むことです。
これが、ブランドの核となると思います。

伝えるのではなく伝わる事が重要

せっかく絞りこんだポイントが、相手に伝わらなくては意味がありませんよね。
それをいかに伝わる表現にし、発信を継続するか、ということが大切なのです。
お客様の立場になって、
何を基準に必要とされる美容室を選び
何をどうしたら必要とされる美容室になれるのでしょう?

今の美容室の表現では上手くいかない

単に特技や一部の実績を見栄え良くしても、相手の心に響くことはありません。
逆に、こうした“核”を伴わないままテクニックに走ると、価値を高めるどころか、信用を失うことにもなってしまうと思います。

アバター画像

美容師基準 代表: 林 直幸

美容室3店舗を経営しサロン全体の生産性は100万円を優に超える。美容メーカーや他の美容室からのセミナーを受けながらも、常にサロンに立ち毎月客単価3万円をキープし続けるその秘密とは?

関連記事

  1. 第3回目次回予約100%頂ける美容室・講習

  2. 美容師基準

    自分の常識を疑う事から始めよう

  3. 美容師基準

    客単価3万円を快く払ってもらえるお店作りの秘訣・その1

  4. 自分の仕事に誇りを取り戻せ

  5. お客様がお金を払ってだける価値とは?

  6. こだわりは誰の為なのか?

  7. 払った額相応の価値を感じられてる?

  8. 客単価3万円を快く払ってもらえるお店作りの秘訣・その9

  9. 自分に正直になれる美容室をやればいい

人気の記事 PICK UP

  1. 物事はシンプルなのに複雑にしてしまう美容師達
  2. 美容師基準 何を想い経営をしていくのか?
  3. お客様がお金を払ってだける価値とは?
  4. 真面目な美容師はチャンスがいっぱい
  5. お客様はメニューの何を基準に選ぶのか?

特集記事

  1. 美容師基準
  2. 美容師基準
PAGE TOP