安定した美容室経営&売上UPを創造!今から美容師が目指すべき基準はここにある。

人の欲求を知らないままの経営はダメ  その2

前回から「人の欲求を知る事で、経営はできない」について書いていますが、意外と深くは考えていなかったのではないでしょうか?
しかし、1つ1つをしっかりと今の美容室の経営にとても必要だと思います。

的をえた経営をすることが大事

なぜか?
お客様(人)の欲求を知らないのに、提供するモノの的がずれてる為に一生懸命にやってるのに成果が出ないのはそのせいかも知れません。

まだ読まれていない方は前回の記事は
↓  ↓  ↓  ↓  ↓
https://www.b-juku.com/syukyaku/600

5・救済が欲しい

人は誰かに救ってほしいと考える存在でもあります。
そのための宗教があり自己啓発セミナーに参加する人も大勢います。
心の癒し、コーチングなどのセミナーや出版物
あるいは個人指導やコンサルティング
これからも、この欲求に根差した商品はサービスは沢山出てくるような気がします。

6・美貌・個人的な魅力を上げたい

いつまでも若々しく、魅力的でありたいと思う気持ちはどんな人でも共通のものです。

特にこれからは
アンチエイジングという領域のビジネス
美容室も少しずつやっていますが、なんとなく中途半端なような感じがします。
理由は、そのお客様に今必要かどうかだけでオススメしている事だと思います。
もっと10〜20年先まで、
『本気でお客様の事を思うから、コレが必要なんです』って思ってやらないと、見透かされてしまうのかな〜
売り上げの為にって・・・

Avatar photo

美容師基準 代表: 林 直幸

美容室3店舗を経営しサロン全体の生産性は100万円を優に超える。美容メーカーや他の美容室からのセミナーを受けながらも、常にサロンに立ち毎月客単価3万円をキープし続けるその秘密とは?

関連記事

  1. 美容師基準

    平均単価よりも時間単価を考る

  2. 今の美容師が目指すべきブランドとは?

  3. 美容師基準

    自分達がやっている事はどこでもやっている

  4. 客単価3万円を快く頂けるお店作りの秘訣・最終回

  5. 『お客様に来て欲しい』が魅力がなければ来ない

  6. 店販購入率100%になる理由を考える

  7. 「高価格にしたらお客様が来るか心配・・・」と不安になっているあなたへ

  8. 何を基準に高い安いを決めてますか?

  9. 売れてる美容師に学ぶ価値づくりの10手・その7

人気の記事 PICK UP

  1. 高単価美容室になる為に、今の美容室のやり方を変えないといけないのか?
  2. 美容師基準 自分の仕事観が大事
  3. 必要とされなくなったら終わり
  4. 第2回目お客様を夢中にさせるカウセリング講習
  5. 第3回目次回予約100%頂ける美容室・講習

特集記事

  1. 美容師基準
PAGE TOP