安定した美容室経営&売上UPを創造!今から美容師が目指すべき基準はここにある。

今のお客様の◯◯を知っていますか?

美容師基準

お客様をつかむポイント

①お客様は売り込みには反応しない

1番の理由は、何か売り込まれるのではないか?と思っている事
あれこれメニューを勧めることを嫌がる
今やトリートメントなどは、
『持たないけどなんとなくしとかないと』
『不安だからしてる』といった感じか、お付き合いでしてる感じではないでしょうか?
『是非してほしいです』ってなっていますか?
でも美容室側は、お客様の喜んだ顔を見たいからですよね
自分の技術・商品が喜んでいる事ほど嬉しいことはないですよね
でも、なかなかうまくいかない・・・

私達は営業マンだと言うことを知ることが大事

②お客様は整理された情報を求めてる

まずは美容室の選択肢が多すぎる
どこでもやってるメニューの違いがわからない
ここで考えて欲しいのが

他者との差別化したモノを売っていると信じている

プロから見れば大きな機能の違いがわかるのかもしれない

ここで低価格に突入したのだと思う
『きっとどの美容室も同じだから一番やすいので良い』と考え始めた
しかし、少しずつではあるが価格破壊と言われた美容室では、良い所もあるだろうけどいい加減な所も多いいとお客様もわかってきた

では何を基準に美容室を選んでるのだろうか?
それは今自分に必要な美容室なのかどうか?
それは今の自分の髪を綺麗にしてくれる美容室なのかどうか?

要はお客様のニーズを理解して集客をしないといけないと言う事だ

美容師基準 代表: 林 直幸

美容室3店舗を経営しサロン全体の生産性は100万円を優に超える。美容メーカーや他の美容室からのセミナーを受けながらも、常にサロンに立ち毎月客単価3万円をキープし続けるその秘密とは?

関連記事

  1. 美容室の価格競争を脱却する方法とは何か?

  2. 人の欲求を知らないままの経営はダメ  その2

  3. 客単価3万円を快く払ってもらえるお店作りの秘訣・その5

  4. こだわりは誰の為なのか?

  5. 高単価美容室になる為に、今の美容室のやり方を変えないといけないのか?

  6. 高単価美容室の共通点とは?

  7. 美容師基準

    美容室のサービスは過剰になり過ぎている

  8. 客単価3万円を快く払ってもらえるお店作りの秘訣・その8

  9. 人の欲求とは何かを知っておく その1

人気の記事 PICK UP

  1. 選ばれる美容室になる為に知っておかないといけない10の方法
  2. 便利屋になってしまった美容室
  3. 常識に囚われた私達
  4. 今の美容師が目指すべきブランドとは?
  5. タダでもお客様は来ない?

特集記事

  1. 美容師基準
  2. 美容師基準
  3. 美容師基準
PAGE TOP