安定した美容室経営&売上UPを創造!今から美容師が目指すべき基準はここにある。

美容室の集客の仕方を科学する

正直者が失敗する理由

『一生懸命に頑張れば売れっ子になる』
『自分が売れないのは頑張りが足りないからだ』
『集客を頑張ってるのに来てもらえない』
なぜなのか?
お客様はその美容室の良さの実感は、来店し・施術をしてもらい・商品を買って頂いてからの何日間後により実感が後で湧くのではないだろうか?

お客様はご来店の理由は、その美容室のイメージが大切

自分にとって必要なサロンなのか?
自分の髪が綺麗なれる
イメージがちゃんと伝わってるのかどうかが大事になる

成熟した業界という事を知る

成熟?
その販売・集客などを促進に対しての反応がかなり低くなっている
例えば
携帯電話
『携帯電話、無料モニター1000名募集!』とやるだけで昔は反応は良かったが今では、皆さんも反応しなくなってはいないだろうか?
頑張ってもなかなか成果が出ないのはそのせいではないでしょうか?

着眼点を変える

(注意や関心を向ける事柄。目のつけどころ)
何も考えないで諦めるのは問題外ですが、お客様に知って頂く切り口、来店して頂けるターゲットを変える事が必要な時代だと思います

店販商品がその代表例

新しいものが入った時はかなり売れる
何年かすると売れなくなる
まさにそのまんまなのではないでしょうか?

ここで納得してしまう方がほとんどですが、うちの美容室は3〜5年は売れるものを選んでます
なぜかと思いませんか?
お客様にとって本当に必要であれば、ずっと使い続ける理由がいるのです
だからお客様が本当に必要なものを、知らないとダメなんですね

Avatar photo

美容師基準 代表: 林 直幸

美容室3店舗を経営しサロン全体の生産性は100万円を優に超える。美容メーカーや他の美容室からのセミナーを受けながらも、常にサロンに立ち毎月客単価3万円をキープし続けるその秘密とは?

関連記事

  1. 店販購入率100%になる理由を考える

  2. 売れてる美容師に学ぶ価値づくりの10手・その1

  3. 再来率100%を目指すのを諦める今の美容室

  4. 今の美容室はレッドオーシャン

  5. お店の中で目的意識の違うお客様が混在している

  6. 美容師基準

    お客様から選ばれない美容師達

  7. 美容師基準

    売れてる美容師に学ぶ価値づくり最終回

  8. 『便利性の来店と興味の来店』

  9. 美容師基準

    小さな美容室は絞り込みをしないといけない

人気の記事 PICK UP

  1. お店の中で目的意識の違うお客様が混在している
  2. 美容師基準 お客様と両思いのお店は流行ってる
  3. 本来の目的を見失う今の美容室
  4. 出来る人は仕事が綺麗
  5. 私の経営方法は変わっている?

特集記事

  1. 美容師基準
PAGE TOP