安定した美容室経営&売上UPを創造!今から美容師が目指すべき基準はここにある。

高単価美容室を作る為のマインドの作り方

美容師基準

自分を受け入れ・自分の価値を信じる

講習などで、沢山の美容師さん達と話をする機会があるのですが、ほとんどの人はあるがままの自分がそんなに好きではないよう感じがします。
自分の長所がある事はわかっているのですが、それ以上に短所があることにとらわれ過ぎているように思います。

自分が完璧でないという理由で、完璧な美容師になるまで自分を受け入れようとしない為に、最初の1歩が踏み出せないでいる方が、多くいらっしゃいます。

『いや〜まだまだ自分はできない』
『いや〜まだまだ自分の技術では、料金は上げられないですよ・・・』

もう何年も同じことを言ってる自分に、気づいているにも関わらず・・・

完璧である必要はない

あるがままの自分を受け入れれば良いんです。
変えたい部分は誰にでもあります。
もちろん私も変えたい部分はあります。

それも
『自分の1部だから受け入れる必要がある』ことに気づかないといけません。

『完璧でないといけない』という、見えない自分の思い込みが作り出した、自分の像が強敵すぎてビビってしまってる事に本当はもう気づいていますよね。

プロだから・職人さんだから完璧を求めるのは良い事だと思います。
しかし、今のままだとずっと『セミプロのまま』で終わってしまいますよ。

自分の価値を信じる

美容師さんはみんな、『お客さまの為に』という思いがとても強い。
その思いを、『お客様に届けていない&知らないだけ』だと思う。

『自分がなぜ美容師をやり始めたのか?』の、他には真似できないマイストーリーがある事に気づかないといけない。
その自分にしか提供できない、『思いの込めた施術・技術』があなたの価値なんだと・・・

技術だけで売ろうとするから、他店が気になってしまう。
もっと『他に真似できない思い+技術・施術』を届けてあげる強さが、価格にも出るのだと思いますね。

思いを伝えないままの、片思いだった事にも気づけたのではないでしょうか?

 

また次回・・・・

美容師基準 代表: 林 直幸

美容師基準 代表: 林 直幸

美容室3店舗を経営しサロン全体の生産性は100万円を優に超える。美容メーカーや他の美容室からのセミナーを受けながらも、常にサロンに立ち毎月客単価3万円をキープし続けるその秘密とは?

関連記事

  1. 最高なパートナーと仕事ができていない美容室

  2. 美容師基準

    なぜ気持ちが揺るがないのか?

  3. お客様は美容室の価値を知らないだけ

  4. お客様が実感がないから再来するはずがない

  5. 目的がない経営は意味がない

  6. 高単価美容室ではお客様は癒されない?

  7. 自分を信じる事が出来ない?

  8. 自分に向き合うのを怖がる美容師達

  9. お客様は『お店に興味がある&あなたにも興味がある』

人気の記事 PICK UP

  1. 価格競争を脱却
  2. 美容師基準 美容室の最高な技術を買って頂く為には?
  3. 第6回目・美容師基準『カラー・再来率99%』
  4. 可能性しかない今の美容室
  5. 来店して頂くお客様を決めておく?

特集記事

  1. 美容師基準
  2. 美容師基準
  3. 美容師基準
PAGE TOP